Win/IE7/1280×800/Medium/Mac90〜100%/CSS/JavaScript/以上の動作環境で作成しています。
This website is written only in Japanese but please take a look around.

++ 最近の日誌 ++
| 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー (02月20日) | 目薬が時々、染みるわ〜。 (02月19日) | アザが薄くなった…。 (02月14日) | そうだ、ニベアを買おう!! (02月12日) | 多分、寒冷蕁麻疹!? (02月11日) | 腰の痛みは、力を入れなければ大丈夫な程度に。 (02月10日) | 先生がインフルエンザだった。 (02月08日) | キングダムハーツ3D、終了!! (02月05日) | 整形外科と整骨院を使い分け!! (02月03日) | 腰、やった(笑)。 (01月30日) | キングダム ハーツ 3D [Dream Drop Distance] (01月25日) | 寒くて顔が冷たい日。 (01月24日) | PCのカバーを開けるとノイズが発生。 (01月22日) | 腰の具合、いいですな!! (01月20日) | 整骨院、行ってきた〜。 (01月19日) | ペルソナ3疲れでモンハン。 (01月18日) | 腰がいま、痛い人のためのストレッチ。 (01月17日) | 眼圧が、ちょっと高い…かな? (01月16日) | 久しぶりに整骨院に行こうかと思う。 (01月15日) | アレルギーの人のためのケーキ。 (01月14日) |
2018年02月20日

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

長いよーーーー…。

ところで「怪」盗戦隊じゃなくて「快」盗戦隊の理由って。
怪盗戦隊が既にいるからなのかな。

怪盗戦隊ヌスムンジャー>>>

名前、可愛いな(笑)。

続きを読む


posted by 霜月我王 | Comment(0) | エンターテイメント
--- Page top ---
2018年02月19日

目薬が時々、染みるわ〜。

目薬が染みるようになったので、ヒアルロン酸っていう目薬を処方してもらったんだけど。
今回は、速攻では効かなかった(苦笑)。

とは言え、マシにはなった。
時々、染みるかな…といった感じ。

こればっかりは、緑内障の治療を続けていく限り仕方ないことなんだよね。

続きを読む
posted by 霜月我王 | Comment(0) | 緑内障日記
--- Page top ---
2018年02月14日

アザが薄くなった…。

ニベアを塗り始めて3日目。
あれから寒冷蕁麻疹みたいなものは、出てません。

痒みもなくなりました。

続きを読む
posted by 霜月我王 | Comment(0) | 日常
--- Page top ---
2018年02月12日

そうだ、ニベアを買おう!!

朝方、まだ膝が痒かった。
このまま掻いて、蕁麻疹を誘発して、そのまま病院に行こう…と思った。

続きを読む
posted by 霜月我王 | Comment(0) | 日常
--- Page top ---
2018年02月11日

多分、寒冷蕁麻疹!?

昨日の夜、膝が痒くなった。
寝ぼけていることもあって、遠慮なくボリボリ。

フッと目が覚める。
両方の膝が猛烈に痒くて、睡眠を邪魔してくる。

続きを読む
posted by 霜月我王 | Comment(0) | 日常
--- Page top ---
2018年02月10日

腰の痛みは、力を入れなければ大丈夫な程度に。

日常生活を送れるようにはなりました。
ただ、仕事後は痛みというか、疲れがあります。

普通にしている分には、ほぼ大丈夫。

座椅子で、ちょっと向きを変えようと腰を支点に力を入れると、痛みがきますけどね。
激痛ではないです。

筋が痛いとかではなく、腰の骨と骨の間がキン!!と痛む。

続きを読む
posted by 霜月我王 | Comment(0) | 日常
--- Page top ---
2018年02月08日

先生がインフルエンザだった。

予約していた日、整骨院に行った。

いつも、午後の診療開始時間に予約をしていたんだけど。
5分とか10分前ぐらいに来ても、扉には「休診中」の札のまま。

続きを読む
posted by 霜月我王 | Comment(0) | 日常
--- Page top ---


拒否の意思表示のために必要であり、無関係の方は被害者の身の安全のため、静観をお願いいたします。ご迷惑をおかけいたします。

当方は友人につきまとうストーカーから、不要なアクションを受けています。
被害者の情報を得るための手段であることは確認済みですので、被害者との交流はブログにアップしないことにいたしました。
この件は2007年頃から継続して被害にあっています。
警察に相談の上、拒否の姿勢を示すことは必要とのことで、拒否の文書をアップ。
加害者が文書を読んだことは確認済みです。
それでも、こちらへのアクションを止めようとしないので、全記事から文書にアクセスできるようリンクを貼り、更にここで三度、拒否の姿勢を示します。
加害者は即刻、中央警察から説明のあったように、当方の名前である表記を削除しなさい。
その表記は霜月我王とは無関係である、という弁解は、警察に任意出頭した後のことであることと、その他の証拠から判断しても通用しません。
非常に不快であり、不愉快です。
加害者は『2011年7月7日ツイート・2:25:06』にて、自身のアカウントを公開してもよい、との意思表示を示しました。
加害者の許可を得たことにより、ここに公開いたします。
その際のツイートの記録、これまでの被害者に向けてのツイートの記録、被害者へのネットストーカーのアクセス解析も、他の方々に協力を仰ぎ、全て印刷・警察に提示し、閲覧してもらいました。

拒否の意思表示のために必要であり、無関係の方は被害者の身の安全のため、静観をお願いいたします。ご迷惑をおかけいたします。
/////////////////
ttp://twitter.com/N_Fukuden
ttp://twitter.com/Fukuden_N
ttp://ja-jp.facebook.com/people/Nobuhisa-Fukuden/100002467667281
ttps://www.facebook.com/nobuhisa.fukuden
ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=33976601
/////////////////
拒否の意思表示のために必要であり、無関係の方は被害者の身の安全のため、静観をお願いいたします。ご迷惑をおかけいたします。

加害者は中央警察から「被害者のことがなければ、被害者友人(当方)とは無関係で接点もないのだから、関わる・関わろうとしてはいけない」等の注意勧告を受けています。
加害者のツイッターから表記が外れない限り、加害者は被害者をストーカーし続けるつもりである、と判断します。
加害者は中央警察に呼ばれ、被害者にストーカーしない旨の誓約書にサインをしたものの従わず、二度目の呼び出しと二回目の誓約書にサインをしています。
ストーカーからのアクセスは、過去に警察に提出したように、今後も提出があるかも知れないので、記録されていきます。
ストーカーが使用するドメインをアクセスブロックしていますが、アクセスしようとした履歴も全て自動で記録されています。
加害者がアクセスしたプロバイダには法人用のプロバイダがあり、仕事先のネット環境を使用してアクセスした記録があり、その動的IPをプロバイダにいくつか提出し、全て同一からのアクセスであると回答を得ました。
プロバイダ契約者様に警告をしていただく場合、その契約者様が加害者本人ではなく、加害者の仕事先であったとしても、警告を発することになりますので、ご注意ください。
被害は中央警察署にて把握されていることであり、アカウント公開についても本人から許可があった上でのことす。
ただし、こちらは加害者に向けて、アカウントもPNも公開してよい、などという許可は一切、出しておりません。
http://blackrose.seesaa.net/article/202542643.html
拒否の意思表示のために必要であり、無関係の方は被害者の身の安全のため、静観をお願いいたします。ご迷惑をおかけいたします。


【中央警察に提出した資料は、以下の通りです。
被害者女性への1300を超えるメール。
自宅・仕事場を探している様子を被害者女性に知らせる、メール。
被害者女性を侮辱する、つきまとう、勝手な妄想などのメール。
被害者女性の仕事場の人からの証言。
自分の顔写真を添付したメール。
被害者の拒否の態度を示した文書。
被害者女性の当時のブログ、HPなどにアクセスしたログとアクセス解析。
被害者の友人のHP、ブログに急にアクセスした時のアクセス解析と、無関係を装って、いくつかのHNを使い分けて投稿した時の内容。
加害者の会社のプロバイダらしい企業へ、アクセス解析を提出した、その回答。
一回目の誓約書にサイン後も、アクセスした記録。
ツイッターで被害者女性、その周囲の関係者を侮辱したツイート内容。
自身が所属しているらしい、パラグライダーの会の会員証らしきもののコピーと、パラグライダーの自称、ホームエリア。
被害者の住所に送ってきた手紙。】
加害者は、被害者の自宅近くをウロウロしていたが、そこに加害者が来るためには、加害者自身の自宅とは反対方向の道を選択することになる。 加害者は高速を使って帰るような遠距離通勤をしているのに、反対方向である被害者の自宅近くを「通り道です」と主張している。
全く関係ありませんが、さすがにこの主張には、警察の方が「いや、それはさすがに無理でしょ」と笑っておりました。