Win/IE7/1280×800/Medium/Mac90〜100%/CSS/JavaScript/以上の動作環境で作成しています。
This website is written only in Japanese but please take a look around.

++ 最近の日誌 ++
| 水戻しパスタ。 (06月20日) | 40分ぐらい、歩いた。 (06月19日) | Win10の更新でPC止まりました。 (06月13日) | キャラストは地道な戦い。 (06月12日) | クーラー買った!! (06月10日) | 背中の痛みが、まだあるねー。 (06月09日) | 日課を欠かさずに。 (06月06日) | 恩恵とアルメイダル。 (06月04日) | 股関節を柔軟中。 (06月02日) | キャラバンをレベルアップしましょう!! (06月01日) | 種族を選んで、スタート!! (05月31日) | 酢キャベツ。 (05月30日) | キャラバンストーリーズ、始めてます。 (05月29日) | 炊飯器でヨーグルトを作りました。 (05月20日) | 炊飯器でチキンのトマト煮。 (05月19日) | 炊飯器でケーキを焼きました。 (05月18日) | とりあえずFFの話。 (05月17日) | サブクエが多い!! (05月16日) | 少し治りが早いです。 (05月13日) | キャラバンストーリーズ (05月12日) |
2005年04月28日

FC2ブックマーク

とあるお方から、驚きの情報を仕入れました。


FC2ブックマークというサービスが始まったらしいです。
実際に足を運んでも、最初はどういうコトなのか判らなかったのですが、経過報告のサイトを読んで、ゾクッとしました(いや、マジに)。

FC2ブックマークというものが何なのか、いま、私が理解出来ている範囲内で説明してみます。

ブックマークは「お気に入り」ですね。
誰のPCにもついていますが、自分が気に入ったサイトを、お気に入りに入れていると思います。
大抵はindexページなどを入れますが、そのサイト内の…例えとしてギャラリーページだけを見たい場合、そこをブックマークする人もいるかと思います。

私としましては、私的に個人が楽しむワケでありますから、ブックマークしてくれるならば何処でも良い、という感覚があります。
トップページをブックマークしてくれたら尚嬉しいですが(笑)、まぁ本人が個人的に楽しみたいワケですから、お気に入りにするならトップにして!!って強制できない(笑)。

ただし、リンクして下さるというなら、不特定多数の方が閲覧に来てくれるのですから、やはり最初から閲覧して欲しいし、免責事項にも出来るだけ、目を通して頂きたいワケですから、トップにして貰わないと困るワケです。

このFC2ブックマークのサービスは、「自分のお気に入りに入れたURLを、不特定多数の人に教えちゃいましょう!!」というサービスです。
不特定多数の人が、トップページじゃないところから、いきなり入ってこれるシステムなワケです。

これが、個人間同士のURLの受け渡しなら、まぁそんなに問題視しませんが、このサービスを使うと、取りあえずリンクされている状態なのです。
リンクされているのに、トップページ以外のところをリンクしちゃってるのです。
尚且つ、なんとスクリーンショット付き!!

そのスクリーンショットは、ユーザーがFC2のサービスを使って、簡単にショット出来るので、バナーは使われない状態。
例えば、無断リンクは禁止しているよ〜、というサイトがあったとしても、「無断で」リンクされちゃうわけですよ。

トップから入れ入れって、そんなにアクセス数を稼ぎたいの〜?なんて思われるかも知れないが、ちょっと待って。
そのサイトに、裏ページがあったり、アダルトだから年齢制限付きのページがあったとします。
「18歳以上ですか?」はい・いいえ、で閲覧者が選択できます。

そこでたとえ、18歳以下なのに「はい」を選択して中に入ったとしても、それは虚偽の申告(ちょっと違う気もするが)をした当人の問題になると思います。
…が、このブックマークサービスを使って中に入ると、年齢の選択ナシにいきなり、アダルトサイトに入っちゃうワケです。子供でも。

裏サイトも、年齢制限を付けたいから裏にしていたり、管理人さんの様々な事情で裏にして、何工程も手順を踏まないと、裏の階層まで行けれないハズなのに、いきなりその工程をすっ飛ばして、免責事項も読むことなく、裏に入れてしまうのです。子供でも。
安全なネットサーフィンを子供にさせたいと思っている親御さんも、うかうかしていられません。

恐ろしさが、なんとなく判っていただけましたでしょうか?


ちょっとまったFC2ブックマーク(問題と対処)>>
同人サイト閲覧者のためのFC2ブックマークまとめ>>
FC2インフォメーション ブックマークサービス開始のお知らせ>>


posted by 霜月我王 | 広島 | TrackBack(2) | 日常
--- Page top ---

この記事へのトラックバック

損をするのは誰?
Excerpt: 当ブログ内関連記事:FC2ブックマーク 当ブログ内関連記事:何が恐ろしいの? サムネイルでサイトのスクリーンショットが公開されているということは、例えば「無断転載禁止」の規約に反する行為なのではない..
Weblog: 宿直日誌
Tracked: 2005-04-28


何が恐ろしいの?
Excerpt: 当ブログ内関連記事:FC2ブックマーク 私的に感じた恐ろしさを、出来るだけ考えてみました。
Weblog: 宿直日誌
Tracked: 2005-04-28



拒否の意思表示のために必要であり、無関係の方は被害者の身の安全のため、静観をお願いいたします。ご迷惑をおかけいたします。

当方は友人につきまとうストーカーから、不要なアクションを受けています。
被害者の情報を得るための手段であることは確認済みですので、被害者との交流はブログにアップしないことにいたしました。
この件は2007年頃から継続して被害にあっています。
警察に相談の上、拒否の姿勢を示すことは必要とのことで、拒否の文書をアップ。
加害者が文書を読んだことは確認済みです。
それでも、こちらへのアクションを止めようとしないので、全記事から文書にアクセスできるようリンクを貼り、更にここで三度、拒否の姿勢を示します。
加害者は即刻、中央警察から説明のあったように、当方の名前である表記を削除しなさい。
その表記は当方とは無関係である、という弁解は、警察に任意出頭した後のことであることと、その他の証拠から判断しても通用しません。
非常に不快であり、不愉快です。
加害者は『2011年7月7日ツイート・2:25:06』にて、自身のアカウントを公開してもよい、との意思表示を示しました。
加害者の許可を得たことにより、ここに公開いたします。
その際のツイートの記録、これまでの被害者に向けてのツイートの記録、被害者へのネットストーカーのアクセス解析も、他の方々に協力を仰ぎ、全て印刷・警察に提示し、閲覧してもらいました。

拒否の意思表示のために必要であり、無関係の方は被害者の身の安全のため、静観をお願いいたします。ご迷惑をおかけいたします。
/////////////////
ttp://twitter.com/N_Fukuden
ttp://twitter.com/Fukuden_N
ttp://ja-jp.facebook.com/people/Nobuhisa-Fukuden/100002467667281
ttps://www.facebook.com/nobuhisa.fukuden
ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=33976601
/////////////////
拒否の意思表示のために必要であり、無関係の方は被害者の身の安全のため、静観をお願いいたします。ご迷惑をおかけいたします。
現在、動きが認められないのでアカウント部分を非公開にしましたが、再開があれば公開されます。

加害者は中央警察から「被害者のことがなければ、被害者友人(当方)とは無関係で接点もないのだから、関わる・関わろうとしてはいけない」等の注意勧告を受けています。
加害者のツイッターから表記が外れない限り、加害者は被害者をストーカーし続けるつもりである、と判断します。
加害者は中央警察に呼ばれ、被害者にストーカーしない旨の誓約書にサインをしたものの従わず、二度目の呼び出しと二回目の誓約書にサインをしています。
ストーカーからのアクセスは、過去に警察に提出したように、今後も提出があるかも知れないので、記録されていきます。
ストーカーが使用するドメインをアクセスブロックしていますが、アクセスしようとした履歴も全て自動で記録されています。
加害者がアクセスしたプロバイダには法人用のプロバイダがあり、仕事先のネット環境を使用してアクセスした記録があり、その動的IPをプロバイダにいくつか提出し、全て同一からのアクセスであると回答を得ました。
プロバイダ契約者様に警告をしていただく場合、その契約者様が加害者本人ではなく、加害者の仕事先であったとしても、警告を発することになりますので、ご注意ください。
被害は中央警察署にて把握されていることであり、アカウント公開についても本人から許可があった上でのことす。
ただし、こちらは加害者に向けて、アカウントもPNも公開してよい、などという許可は一切、出しておりません。
http://blackrose.seesaa.net/article/202542643.html
拒否の意思表示のために必要であり、無関係の方は被害者の身の安全のため、静観をお願いいたします。ご迷惑をおかけいたします。


【中央警察に提出した資料は、以下の通りです。
被害者女性への1300を超えるメール。
自宅・仕事場を探している様子を被害者女性に知らせる、メール。
被害者女性を侮辱する、つきまとう、勝手な妄想などのメール。
被害者女性の仕事場の人からの証言。
自分の顔写真を添付したメール。
被害者の拒否の態度を示した文書。
被害者女性の当時のブログ、HPなどにアクセスしたログとアクセス解析。
被害者の友人のHP、ブログに急にアクセスした時のアクセス解析と、無関係を装って、いくつかのHNを使い分けて投稿した時の内容。
加害者の会社のプロバイダらしい企業へ、アクセス解析を提出した、その回答。
一回目の誓約書にサイン後も、アクセスした記録。
ツイッターで被害者女性、その周囲の関係者を侮辱したツイート内容。
自身が所属しているらしい、パラグライダーの会の会員証らしきもののコピーと、パラグライダーの自称、ホームエリア。
被害者の住所に送ってきた手紙。】
加害者は、被害者の自宅近くをウロウロしていたが、そこに加害者が来るためには、加害者自身の自宅とは反対方向の道を選択することになる。 加害者は高速を使って帰るような遠距離通勤をしているのに、反対方向である被害者の自宅近くを「通り道です」と主張している。
全く関係ありませんが、さすがにこの主張には、警察の方が「いや、それはさすがに無理でしょ」と笑っておりました。